百工房アートスペース(岡山市の絵画教室)

違和感を大事にする

人物デッサンで、少し皆さん自身で考えて頂くようにしました。

ポイントは2点
・違和感を大事にする
・周りを見る

「何か変だな、違和感があるな?」と思ったら、必ずどこかが間違っています。それは長さか?角度か?太さか?
「足が変な気がする」と思ったら、足だけじゃなく腰や上半身や、周りとも見比べてみる。実は、足が間違っているんじゃなくて腰が変なのかもしれない。

描いている最中は、夢中になったり余裕がなかったりで、直すことが出来ない人。「どうしたらいいんですか?」と聞かれたら、答えないわけには行かないのですが、自分で考える機会がないまま終了です。「もっといいように出来ないかな~。」と後で思うのですが、終わった後でそう思ってもあまり効果は有りません。途中で、違和感を感じることが必要なのです。