百工房アートスペース(岡山市の絵画教室)

ドリス・サルセドの衝撃

広島に、ドリス・サルセド(Doris・Salcedo)展を見に行きました。未だに、その衝撃は残っています。彼女のテーマは、「暴力に会い不遇な死を迎えた人を悼む。」という大変重いものです。彼女の出身地、南米コロンビアでは内戦が続き多くの方が亡くなっていています。そのことに対して、真向から向き合う作品です。しかし暴力や戦争は、世界中で起こっている。そのような本質的なテーマを持つ作品ですから、世界的に評価されているのです。

私だけでは無いと思いますが、「作品が軽いと、人に受けないんじゃないか?」とか「作品が重いと、人が買ってくれないんじゃないか?」とか「私が教わった先生の、作風を取り入れるべき?」とか、いろいろ考えてしまうものです。もう、そんなごちゃごちゃした考えが吹っ飛びました。本物には、そういう力があるのです。

後日談としては、私はそれから考えに考え、作品を刷新することにしました。いいアートに触れること、これは本当に素晴らしいことなのです。人生を変えるほどに。