百工房アートスペース(岡山市の絵画教室)

第15回アートゼミ

第15回アートゼミは、「美人の描き方」と題して、11月13日(日曜日)に行いました。大変盛況でした。
それぞれの描いて行きたいモデルを、萌え、リアルイラスト、リアルにチーム分けし、それぞれのチームで研究発表するという形式をとりました。以下、優秀な研究成果を小さく抜粋します。

美人

プロポーション、頭部の縦横比、目の大きさなど、それぞれに特徴があることが確認できました。

美人2

方法というのは、あくまで取っ掛かりであって、それを知れば誰もが「美人」が描けるなんてことはありません。が、具体的に作業に落とし込むことがなければ、何時まで経っても「絵」が描けない。だから、私がマニュアルを伝えるのではなく、参加した皆さんそれぞれの理想に基づいて、取っ掛かりを探るワークショップになりました。課題としては、最初から教えてもらうつもりでいた人が、なかなか自主的に行動を起こせないことでした。手を変え品を変えトライしていますが、「主体」を考えて頂くことは難しいことですね。