原爆の絵

これほど意義のある絵はそれほど無いだろうと思います。 写真が残っていなくても、人々の記憶には残っている、そしてその印象を強調することが出来る。テーマとしても強い、記憶を風化させないという目的も強い、特別な絵です。 それほ…

Continue reading

踊る阿呆に、見る阿呆

踊る阿呆に、見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損!損! これは阿波踊りの有名なフレーズですが、流石というか、人生の達人というべき意味を含んでいるような気がします。新しいことに踏み出すには勇気が要りますが、達人は人生の楽しみ方…

Continue reading

美意識

花が咲きました。「ああ、きれいだな。」と感じる。 御本人の「内面」が、外の世界に「共感」して、「いいな~。」「きれいだな~。」となる。 美意識は、自分で自由に感じる、それぞれの世界です。 人からどうのこうの言われる世界で…

Continue reading

見ること

端的にあらわしたインタビューがあります。以下・・・ Q 今日の美術館の状況やアートを取り巻く環境を鑑みて若いキュレーターにアドバイスを与えるとしたら、どのようなものになりますか? A 私のアドバイスもあまり変わらなくて、…

Continue reading

作品とデッサン

作品とは感性の世界、その人の主観に乗っ取って表現する世界です。ですから世間には自己自愛の世界とか我儘気ままとか、誤解が横行しています。 しかしデッサンの世界はそれとは反対、主観を排して客観に向かいます。見えるまで時間が掛…

Continue reading

伊藤 廉著 「絵の話」

伊藤 廉著 「絵の話」(昭和42年発行)、「デッサンのすすめ」(昭和43年初版-共に美術出版社)読んでいます。たいへん古い本です。洋の東西問わず新旧多岐にわたる視野の広さと、柔軟な例え平易な言葉使いで、古さを感じさせませ…

Continue reading

大切なこと

日本人ジャーナリストの方の、ご冥福をお祈り申し上げます。「殉職」という言葉を使っても差し支えないと思います。危険な地域から、大切なことを我々に伝えようとして、懸命に活動してこられたことを、深く感謝いたします。 大切なもの…

Continue reading

天地人

こういう人種がいるのか?と思われるかも知れませんが、「天⇔人⇔地」という順番です。つまり、人間は天と地の間に生きているという意味です。昔の言葉ですので、もちろん信仰も含まれているでしょうが、人は分限や分別を持っていたのだ…

Continue reading