歳森 勲 Isao Toshimori

アートは「遊び」であり「真似び」です。
子供から大人まで楽しめる、創造の喜び。

アートは、自由で柔軟な世界です。
どの世界にも繋がる、想像し発想する力。

アートは精神の探求であり、見る哲学です。
作家たちが切り開いた、その広がりと深み。

アートは、新しい世界を作り出すチャレンジです。
そこで出会うのは、新しい主体と生き生きとした感覚。

略歴
1967.6 香川県高松市生まれる
1988.4 東京芸術大学 美術学部油画科 入学
1997.3 東京芸術大学大学院後期博士過程 美術研究科油画専攻 卒業
2001.1 ポーラ奨学金を取得、台湾に一年間滞在
2008.4 岡山県岡山市に移住「アトリエとしもり」開催
2014.1 「百工房アートスペース」を開始

個展
2016.01   Horizon     秋山画廊 東京都
2013.09  Melt-through 「融解する絵画」 東京都
2009.10  浮遊体 Floating   秋山画廊 東京都

2009.05  blue アートスペース油亀 岡山県
2006.12  竹園 バンクアートNYK、神奈川県
2006.1   Plannings スペース23℃(榎倉氏自邸ギャラリー)
2001.5    Pleasant Days  財團法人中華民國帝門藝術教育基金會 台湾台北
1997.1   東京芸大博士展  東京芸術大学資料館
1996.6   歩行儀式  秋山画廊 東京都
1995.7    NEVERTHELESS   秋山画廊 東京都
1993.7   自然への方途   秋山画廊 東京都
1992.12  祈りの形   喫茶アトリエ 東京都
1991.9   隠形  ギャラリーK 東京都

グループ展
2011.01 「Rain」 素材をめぐる14人の方法、天神山文化プラザ 岡山県
2006.07  元気の出る植物園  越後越後妻有アート-トリエンナーレ2006 新潟県
2005.9  コネクション  台中フェスティバル 台湾
2005.7  ドーム  キャップハウス 神戸市
2003.7  旅人の迷路  越後妻有アート-トリエンナーレ2003 新潟県
2001.7  Pleasant Days  Act Kobe Project 2001、CAP-HOUSE 神戸市
2000.7   コンポスト-ハウス  越後妻有アート-トリエンナーレ2000、新潟県
1999.2  アンビバレンツ 第1回国際都市ビデオフェスティバル「秋葉原TV」 コマンドN 東京都
1996.7  ニグレド サバイバル.ツール展   佐倉市立美術館 千葉県
1995.11  オープン.サイト  東京芸術大学801アトリエ 東京都
1995.8  野点  白州フェスティバル 山梨県
1994.8   白州巡礼  白州フェスティバル 山梨県
1994.3   自然環境と行為  東京デザインセンター 東京都
1989.7  EJANAIKA展  目黒区立美術館区民ギャラリー 東京都
1988.9  二人展   町田市立版画美術館市民ギャラリー 東京都

百工房
Facebook
歳森勳個人ホームページ
梅の小屋日記

コメントは受け付けていません。