「自然」を指針に

当方は、「自然」を指針にします。
「自然」とは、長い目で、あるがままに、ということです。

長い目で、10年後にどうなっているか?を考えます。
10年後、ガソリン車は半減するかもしれません。人工知能は、更に活躍するでしょう。しかし、連綿と続いてきた絵の描き方が、10年で変わるとは思いません。我々の目と手を使う限り、それを補助する機能が倍増するとしても、絵の構造が変化することはないでしょう。しかし、便利になる分、想像力は減るかも知れない。その分、逆に手描きの重要性が高まると思います。

あるがままに、良いところは良い、悪いところは悪い、と正直にお伝えします。人も、良いところもあれば、悪いところもあるのが、自然です。悪いところを指摘することは、サービス上、矛盾するようでも避けられないと考えます。添削赤ペンも、多くは上手く行かないところに入れることになります。改良とは、上手くいかないところを、上手く行くようにすることです。
しかし、褒められればうれしいし、悪いところを指摘されれば、けったくそ悪いのも自然です。当方、適当に褒めるだけは責任も無く楽ですが、長期的に良いことにならないと考えます。今の時代いろいろ書かれちゃうかも知れませんが、長期的に意味のあることに従います。

絵の出来はその人次第、教え方より取り組み方というのが、あるがままの姿です。ネット講座だろうが、対面リアル教室だろうが、マニュアルをどれだけ知っていても、トレース画法で見た目は同じように描けても、作者の実力になりません。ご当人がどれだけ手を動かし考えたか、それが作者の血肉になります。「早く簡単に上手く」といかないのが、この世界の自然です。

「自分の力で、自分の、作品を作ること」も、アートのあるがままの姿です。アートは自由、自由は個人尊重、個人尊重は自分を考えること、だから「自分の力で、自分の、作品を作ること」が出発点になります。プロを目指す人には、単なるスタート地点、アートだけではなく、マンガも映画その他もそうです。チームワークの場合でも、役割をこなす実力という意味で、これは変わりはないと思います。

しかし初心者の方にしてみたら、高い目標に思えるのでしょうか?
「初心者でも大丈夫か?」という問い合わせや、「私は、それほどのレベルは求めていないわ。」「それが出来れば、習う必要はないのでは?」という正直な声も。
でも、それほど高い目標でも、大変なことでも有りません。子どもが上手い下手関係なく、夢中になって「自分の力で、自分の、作品を作ること」を楽しんでいます。これは、元来我々が自然に備えているものです。上手い下手関係なく、、、、これが大人になると出来ません。ここで浮かび上がるのは、我々が上手さにとてもこだわり、上手さを求めているという姿です。このことが「自分の作品」より「人から見て上手い作品」を意識させ、「早く簡単に上手く」なることを求める原因だと推測されます。

絵というものは、まずは自己表現として、「自分の」物差しを大切にするの方が、自然だと思います。自分に、長い目で、あるがままに向き合う、ということでしょうか。これは、現状を認め、出来るところから進めていく、ということでもあります。更に、動機という、自分の大切な部分を押さえてくれます。
そこから始められれば、上手くなるために「楽しみながら苦労する」ことも可能です。まずは、自分がどのようなものを求め、今どれぐらいの画力が有り、どう練習していけばいいか、クリアーにしていくことをお勧めします。それには、専門知識を持った人と、マンツーマンでじっくり取り組むことです。
また、私が上達において一番問題に感じたのは、自分の偏見(慢心)、慣れ、忘却でした。それらと孤独に向き合うのは大変なことですので、ここでもやはり相談者がいる環境をお勧めします。その後ほどなく「自分の力で、自分の、作品を作ること」が、あなたに自信と充実をもたらしてくれるはずです。

このように、我々の判断が閉じ、偏ることを避けるために、当方は「自然」を指針にします。「自然」をというものは汲めども尽きぬものですが、それに沿うことを心掛けていきたいと思います。

  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

デッサンオンデマンド売
絵画デッサンWeb教室

美少女石膏像販売
漫画志向のデッサン学習に最適

熱血!デッサン塾
無料デッサン添削サイト

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る