第14回アートゼミ

第14回アートゼミ10月23日(日曜日)は、「美人とはなんだろう?」というテーマで行いました。えっ?アートなの?と思われる人もいるかも知れませんが、改めて美人とは何か?美とは、コスメティックとは何か?というところも抑えた…

Continue reading

第13回アートゼミ

第13回アートゼミ9月17日(土曜日)は、歳森勲の制作過程さらけ出し、を行いました。手前味噌で済みませんなのですが、私は制作に向かえない時もずっと考えております。考えるだけじゃ忘れてしまうので、文章でドリーイングでそれら…

Continue reading

換金ポイント制 導入!?

〇換金ポイント制とは? 当教室は、枚数が多いほど、デッサン検定の級が上がるほど、ゼミに出席するほどお得になる、シンプルなシステムです。 例えば、デッサン検定昇級&ゼミ参加で、最大6ポイント(1200円相当)をゲット! 頑…

Continue reading

作品とデッサン

作品とは感性の世界、その人の主観に乗っ取って表現する世界です。ですから世間には自己自愛の世界とか我儘気ままとか、誤解が横行しています。 しかしデッサンの世界はそれとは反対、主観を排して客観に向かいます。見えるまで時間が掛…

Continue reading

第12回アートゼミ

2016年8月6日は、「痛みを分け合うアート」と題して、ドリス・サルセド、ハンス・ハーケ、バンクシ―といった作家を取り上げました。折しも広島原爆記念日、テーマとして悲惨に向き合うことがありました。内戦による犠牲者を作品を…

Continue reading

ヌードデッサン

ヌード1

当教室で細々と続けている、ヌードデッサンの成果です。所要1時間ですから、まずまずのレベルになってきたのでは?と感じ、続けてきて良かったと胸を撫で下ろしています。ここまで来るのに、私も、描き手も、粘りが必要でした。月並みで…

Continue reading

松ぼっくり

松ぼっくり

よく出来たデッサンです。当教室では、松ぼっくりとしては、今までで一番よく描けているでしょうか。 このような複雑なモチーフは、一見「めんどくさそう~。」に思えます。描き手も、忍耐強いタイプとか、細かいのが好きなタイプとか、…

Continue reading

第11回アートゼミ

モンドリアン3

2016年5月14日(土曜日)、アートゼミではピエト・モンドリアンをテーマに2回目のゼミを行いました。前回の抽象化の過程を踏まえて、今回は構成による作画を行いました。2作品を制作、1作目は身近なテープを貼ることによる構成…

Continue reading

第10回アートゼミ

自然から抽象へ

2016年4月23日(土曜日)今回はピエト・モンドリアンをテーマに行いました。 新造形主義という思想、デ・スティルという芸術運動を起こした彼は、これ以上引くことが出来ないのではないかと思えるほどシンプルな、黒い線と3原色…

Continue reading